ひらがな・カタカナの由来・字源一覧

日本語教育

日本語の表記に用いる「ひらがな」と「カタカナ」の五十音図ができたのは、10世紀末から11世紀にかけてと考えられたとされています。
画数が多く、読むのもむずかしい漢字を簡単にしたのが、ひらがなとカタカナということになります。もし、ひらがなとカタカナがなかったらこんな漢字で文章を書いていたかもしれませんね。

ひらがなの字源


(安)

(以)

(宇)

(衣)

(於)

(加)

(幾)

(久)

(計)

(己)

(左)

(之)

(寸)

(世)

(曾)

(太)

(知)

(川)

(天)

(止)

(奈)

(仁)

(奴)

(禰)

(乃)

(波)

(比)

(不)

(部)

(保)

(末)

(美)

(武)

(女)

(毛)

(也)

(以)

(由)

(衣)

(与)

(良)

(利)

(留)

(礼)

(呂)

(和)

(為)

(宇)

(恵)

(遠)

(无)

 

カタカナの字源


(阿)

(伊)

(宇)

(江)

(於)

(加)

(幾)

(久)

(介)

(己)

(散)

(之)

(須)

(世)

(曾)

(多)

(千)

(川)

(天)

(止)

(奈)

(二)

(奴)

(禰)

(乃)

(八)

(比)

(不)

(部)

(保)

(万)

(三)

(牟)

(女)

(毛)

(也)

(伊)

(由)

(江)

(与)

(良)

(利)

(流)

(礼)

(呂)

(和)

(井)

(宇)

(慧)

(乎)

(璽)