邦人用生活情報まとめ

邦人用情報まとめ

 

スーダンの生活インフラってどうなってるの???

 


『水道』

外国人が住むようなハルツームの都市部では、ナイル川の水を利用した水道網が整備され水に困ることはほとんどない。季節によって水が著しく濁ることがあるが、現地の人は気にせず飲んでいる。
飲用はミネラルウォーター、水道水を飲む場合は煮沸消毒をおすすめします。


『電気』

コンセントプラグはC・Dタイプです。
電圧は230ボルト、周波数50ヘルツ
日本のコンセントはそのまま使えませんが、Aタイプ対応の延長コードが売ってます。
日本の電化製品は変換プラグが必要です。そのまま使うとすぐ壊れます。

停電の頻度は?
頻繁に停電しますが、停電時間は他のアフリカの国に比べたら短いような気がします。


『ガス』

プロパンガスを使っています。ガスの残量がなくなると近くのガス販売所で交換してくれます。値段は非常に安いです。
ガスコンロを持っていない家庭では炭を使っています。


 

インターネットは使える?通信速度は?

 


通信会社が3社あり、SIMカードを購入することができます。
SIMフリースマフォならば問題なくインターネットが使えます。パソコンはスマフォからテザリングするか、ポケットWifiを用いれば使えます。

気になる通信速度は?
4Gが利用できます。youtubeも問題なく視聴できます。

値段は?
一か月20Gで約1000円ぐらいです

アダルトやギャンブルなど有害サイトの閲覧制限がかかっていることがあります。


 

買い物事情は?物は豊富?

 


首都でたいていの物は現地で調達できます。セナマートという外資系のスーパーは品ぞろえがよく、輸入品も豊富にあります。
なので物がなくて困った経験は、あまりありません。

地方部へ行くと品ぞろえ状況は一変します。地方部へ行く方は首都で物資を調達してください。

 

ATMやクレカは使える???

 


2020年現在スーダンでは日本発行のキャッシュ・クレジットカードは使用できません。現金を多めに持参ください。

現地の銀行ではハルツーム銀行をおすすめします。キャッシュカードがデビットカードのように店舗で使用できます。

ネット上での決済ではクレカが使える場合が多いです。だめなときはVPNも試してみてください。

 

物価は?両替をお得にするには?

 


スーダンの物価は日本の半分ほどだと思います。
500mlのコーラが、約40円ほどです

両替レートは政府が定めた公定レートと闇レートがあります。
銀行で両替するのではなく、レートのよい両替屋で両替してください。

スーダンで一番大きなアフラモール地下に両替屋があります。

 

治安は?夜外を歩ける?

 


スーダンはアフリカの国々のなかでトップクラスに治安が良い国です。
スーダン人は厳格なイスラーム教徒ですので、悪いことをするのを嫌います。
軽犯罪を除けば、犯罪に巻き込まれる可能性は高くありません。

夜でも外を出歩いて問題ありませんが、防犯は怠らないでください。


 

交通事情はどうなってる???

 


自家用車使用の場合
・車は左ハンドル、左通行です。
・国際免許証だけでなく、スーダンの運転免許登録が必要です。
・スーダン人の運転は荒く、事故も多いです。車間距離をまったくとらないので運転には注意が必要です


公共交通機関
都市部ではバス網が整備されています。
バスルート以外へ行く場合、トゥクトゥクやタクシーも利用できますが、値段は交渉制です。

値段交渉が嫌な人は配車アプリ「ティルハル」というアプリを使えば、自動でルートと料金をしてくれて安心です。

長距離移動について
主要幹線道路の状態は良くも悪くもありませんが、長距離バスで各都市が結ばれています。
ハルツームから電車もあり、人気です。

 

蚊の対策は必要??マラリアの心配は??

 


蚊がいますので対策が必要です。ハルツームはマラリアが少ないといわれますがマラリアで病院に行く人がいます。

地方部へ行く場合、マラリア薬と蚊よけ対策をすることをおすすめします。
日本の蚊スプレーがよく効きますので、携行してください。

 

日本食が食べられる場所はある???

 


現在、スーダンには日本食レストランはありません。
中国食材店が数件あるので、日本食に近い味が自炊できます。
顆粒出汁は売ってないので持参することをおすすめします。