みんなの日本語第1課「疑問形・否定形」ーMinna no Nihongo1

みんなの日本語
スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
このページではみんなの日本語第1課の解説をしていきます。

第1課で学ぶ文法項目

みんなの日本語第1課で学ぶ文法項目は以下です。

  • N1はN2です
  • 疑問形
  • 否定形

の3つです。学ぶ項目は多くありませんね。

Grammar items to learn in Lesson 1

The grammar items to learn in Minna no Nihongo Lesson 1 are as follows.
・N1 is N2
・Negative form
・Question form

There are three. There aren’t many things to learn.

N1はN2です

「N1はN2です」は英語のbe動詞文に近い表現です。この表現を練習するときは、まず自己紹介からやってみます。ちなみにNは名詞の意味です。

例 私は たろう です。≠ I am Taro
 (N1)(N2)
それではN2の名詞を変えて説明してみます。

例 私は 日本人 です。≠ I am Japanese
 (N1)(N2)

次にN1とN2を変えてみます。

例 たろうさんは 先生 です。≠ Taro is teacher
 (N1)    (N2)

好きな言葉をN1とN2に入れて文章を作ってみましょう。

N1 wa N2 desu

“N1 is N2” is an expression similar to the English be verb sentence.
When practicing this expression, first try introducing yourself.  N means noun.

Ex  Watashi wa Taro desu ≠ I am Taro

Let’s change the noun of N2 and explain.

Ex  Watashi wa Nihonjin desu ≠ I am Japanese

Next, try changing N1 and N2.

Ex  Tarosan wa sensei desu ≠ Taro is teacher

Let’s make a sentence by putting your favorite words in N1 and N2.

 

疑問形

日本語の疑問形を勉強する前に日本語と英語の文の構造の違いを見ていきましょう。

英語は語順を非常に大切にする言語です。文をまとめる動詞は、基本的に主語の直後に置かれます。主語はたいてい文の先頭に置かれますから動詞は2番目に来る要素となります。

例 We go to school even on Saturdays
このように主語we のあとに動詞のgo が来ています。

一方で日本語は、あまり語順を気にしない言語です。多少語順がバラバラでも意味が通じます。
しかし、文をまとめる動詞は文の最後に置かれます。つまり英語と違って最後まで文をみていかないと動詞がなんなのかわからないことになります。

例 わたしたちは土曜日も学校に行きます。
このように文末に動詞が来るのが特徴です。

  • 動詞の位置が英語と日本語では違う
  • 日本語は語順がバラバラでも気にしない

疑問形の作り方

日本語の疑問形の作り方は文末の動詞の最後に「か」をつけるだけです。

疑問詞については第1課では扱いませんので文末の動詞に「か」をつけるだけ覚えましょう。また英語のような?マークは日本語では使いません。

例 たろうさんは先生ですか

英語のYes No で答える疑問形の答え方は「はい=Yes」、「いいえ=No」と答えます。

はい、先生です。
いいえ、先生じゃありません。

Question form

Before studying Japanese question forms, let’s look at the differences in the structure of sentences between Japanese and English.

English is a language whose word order is very important. The verb that puts the sentence together is basically placed immediately after the subject. The subject is usually at the beginning of the sentence, so the verb is the second element.

Ex  We go to school even on Saturday

In this way, the verb go comes after the subject we.

On the other hand, Japanese is a language that doesn’t care about the word order.
The meaning can be understood even if the word order is a little different.
However, the verb that puts the sentence together is placed at the end of the sentence.

In other words, unlike English, unless you look at the sentence to the end, you will not know what the verb is.

Example: Watasitatiwa doyoubini gakkouni ikimasu

The feature is that the verb comes at the end of the sentence like this.
The verb position is different in English and JapaneseJapanese does not care if the word order is different

否定形

疑問形で聞かれた際、それを否定する表現をみていきましょう。

Q あなたは先生ですか。
A はい、先生です。
A いいえ、先生じゃありません。

この時の「いいえ」で答えるときは、「です」を消して「じゃ ありません」をつけます。

あなたは会社員ですか。
いいえ、会社員じゃありません。

あなたは学生ですか。
いいえ、学生じゃありません。

Negative form

When asked in a question form, let’s look at an expression that denies it.

Q  Anatawa sensei desuka
A  hai  sensei desu
A  iie  sensei ja arimasen

When answering “No” at this time, delete “desu” and add “ja arimasen“.

Anatawa kaishain desu ka
iie kaishain ja arimasen

Anatawa gakusei desu ka
iie gakusei ja arimasen

第1課のまとめ

いかがだったでしょうか。
もう一度最後に文法項目のおさらいをしましょう。

  • N1はN2です
  • 疑問形 (文末の動詞に「か」をつける)
  • 否定形 (「です」を消して、「じゃありません」をつけます)

自分で単語を当てはめてたくさん文を作りましょう。