イスラム教徒はマザコン?母親は大切な存在とクルアーンに書かれている

イスラム教

私は子どものころからお母さんが大好きです。
でも、日本だとマザコン呼ばわりされて、変な目で見られてしまいます。

でも、ほぼすべての人がお母さんが好きですよね。
だってお母さんは世界に一人だけの特別な存在です。
日本人はお母さんが好きだということを隠して生きていると思っていました。

これが世界を旅してみると、世界の男はかなりのマザコン揃い。
なんだかほっとしたのをよく覚えています。

特に中東ではお母さんに対する愛がすさまじい。
挨拶だって抱き合ってします。
これは、イスラム教の教えが影響しているのです。

ちなみに、自分の母親に挨拶を真似してみたら精神科を紹介されました。

クルアーンにみる両親への愛

イスラム教徒にとって最も大切な存在はもちろん、創造主アッラーです。
なぜなら、わたしたちはアッラーの被造物だからです。

アッラーはクルアーンのなかで両親に対する孝行をすすめています。

アッラーに使えなさい。何ものもかれに併置してはならない。 父母に親切を尽くし、また近親や孤児、 貧者や隣人や遠い縁者、 道連れの仲間や旅行者、 およびあなたの右手が所有する者(に親切であれ)。 アッラーは高慢な者、うぬぼれる者を御好になられない。クルアーン第4章婦人章36節

この章のなかでイスラム教徒が特に気を付けて親切にしなければならない人が定められています。

  1. 血縁関係にある人々、特に両親
  2. 弱い人や困っている人
  3. 日常的に接する人、近所の人など
  4. 旅人など
  5. 奴隷や目下の人

さらに他の章では

あなたの主に命じられる。かれの外何者をも崇拝してはならない。また両親に孝行しなさい。 もし、両親かまたそのどちらかが、あなたと一緒にいて、老齢に達しても、かれらに「ちぇっ」とか荒い言葉を使わず、親切な言葉で話しなさい。 そして敬愛の情を込め、両親に対し謙虚に翼を低く垂れて、 「主よ、幼少の頃、わたしを愛育してくれたように2人の上に御慈悲をお授けください。」と言うがいい。クルアーン第17章夜の旅章23・24節

このようにクルアーンのなかで、愛をもって育ててくれた両親に対して親切に付き合うことが書かれています。

両親への愛情、敬愛、感謝と同等なものはありません。

特に母親は大切だとクルアーンに書かれている

両親を大切に扱うのはもちろん、子育てに苦労した母親にさらに感謝しなさいとされています。

われは両親への態度を人間に指示した。 人間の母親は、苦労にやつれてその子を胎内で養い、更に離乳まで2年かかる。 「われとあなたの父母に感謝しなさい。われに帰りどころはあるのである。クルアーン第31章ルクマーン章14節

 

われは、両親に対し優しくするよう人間に命じた。母は懐胎に苦しみ、その分娩に苦しむ。 懐胎してから離乳させるまで30ヵ月かかる。 それからかれらが十分な力をそなえる年配に達し、それから40歳にもなると、「主よ、私と両親に対して、あなたが御恵み下された恩恵に感謝させてください。またあなたの御喜びにあずかるよう、わたしが、善行に勤しむようにしてください。また子孫も幸福にしてください。私は悔悟してあなたの御許に帰ります。本当にわたしは、服従、帰依する者です。」と言うようになる。クルアーン第46章砂丘章15節

このようにクルアーンのなかで子育てに苦労した母親への感謝をすすめているのです。

また預言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)はある男から以下の質問されました。

「私が最もよく親愛の情を表さなければならない人は誰ですか。」

この質問に対しこう答えました。
「あなたの母親です。」

その後、男はまた聞きました。
「次は誰ですか。」

「あなたの母親です。」

そしてまた聞くと、母親ですと言いました。

男が4回目に聞くと、「それは父親です。」と言いました。

この話からもわかるように母親が父親よりも親愛の情を抱く存在なのです。