音便ってなに?イ音便・ウ音便・撥音便・促音便の4種類を紹介します

日本語教育能力試験対策
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。
日本語教育能力試験が終わり、悲喜こもごもが伝わってきています。

今回は、試験でも出題される日本語の音便を紹介します。

音便とは

音便とは、ある条件になると発音に変化が生じることを言います。

現代日本語には4種類の音便があります。

  • イ音便
  • ウ音便
  • 撥音便
  • 促音便

イ音便

・イ音便の音の変化ルール
キ・ギ・シ ⇒ イ

例として、「聞く」をみていきましょう。
「聞く」は五段活用動詞なので「カ・キ・ク・ク・ケ・ケ」と活用します。

連用形は「て」をつけますが、そのまま「て」をつけると『聞きて』になります。
しかし、みなさんは聞きてではなく、『聞いて』を使いますね。

このようにキやギ、シの音が『イ』の音に変化することイ音便といいます。

・聞く⇒聞いて
・漕ぐ⇒漕いで

ウ音便

・ウ音便の音の変化ルール
ク・グ・ヒ・ビなど ⇒ ウ

例として「ありがたい」をみていきましょう。
「ありがたい」というイ形容詞に、「ございます」をつけると

ありがたく+ございます

になりますが、言いづらいので「く」の音が「う」に変わります。
このことをウ音便といいます。

・ありがたい ⇒ ありがとう ございます
・はやい ⇒ おはよう ございます

撥音便

・撥音便の音の変化ルール
連用形の語尾 ニ・ミ・ビ ⇒ ン

例は「読む」をみてみましょう。テ形は連用形+テですね。
しかし、読むの連用形は「読み」で、そのままだと「読みて」になりますが、言いづらく音が「ん」に変化して『読んで』になります。

このように「ん」の音に変化することを撥音便といいます。

・死ぬ ⇒ 死んで
・読む ⇒ 読んで
・飛ぶ ⇒ 飛んで

促音便

・促音便の音の変化ルール
連用形の語尾 チ・ヒ・リ ⇒ ッ

例として「待つ」をみてみましょう。待つに「て」をつけると「待ちて」ですが、言いづらいので『待って』とチの音がッに変化します。

このように「っ」の音に変化することを促音便といいます。

・待つ ⇒ 待って
・取る ⇒ 取って