【豚】イスラム教徒はなぜ豚肉を食べないのか現地の人に聞いてみた

イスラム教

みなさんもご存知のようにイスラム教を含む一神教では豚肉を食べることが禁じられてきました。一部の一神教では戒律そのものがなくなってしまった場合もありますが、基本的には豚は不浄とされています。

最近の日本では観光で訪日されるイスラム圏の人々が増加し、日本人の間でもハラール(許されたもの)やハラーム(禁じられたもの)についての知識が広まっています。
しかし、その情報は正確ではなく、不確かな情報が数多くあります。

豚肉に関する情報についてもその傾向がみられます。インターネット上にある断片的な情報を鵜呑みにするのはかなり危険です。

そもそもなぜイスラム教徒は豚肉を食べないのか

神が禁じたからです。

これ以外に理由はありません。いろいろ書かれている理由は人間の解釈です。

クルアーンのなかではっきりと豚肉を食べてはいけないと書かれています。そしてそこには不浄とは書かれていますが、なぜ豚が不浄なのか、どうして食べてはいけないのかという理由が併記されていません。よく日本の豚は清潔に育てているから大丈夫だよと言ってくる人がいますが、不浄である根拠がないわけですから、綺麗な場所で育った豚であったとしても、じゃあ大丈夫だとはなりません。

イスラム教徒は絶対的に神を信じています。
必然的に神から授かったお言葉である、聖典クルアーンも絶対的に信じています。

つまり、クルアーンを信じないことは神を信じないことと同じで、背徳行為となります。
クルアーンの言葉で神様が、豚は不浄だから食べるなと言われたので豚肉を食べないのです。

クルアーンには豚はどう書いてあるのか??

それではクルアーンのなかの豚についての記述をみていきましょう。

かれがあなたがたに、(食べることを)禁じられるものは、死肉、血、豚肉、およびアッラー以外の(名で)供えられたものである。
(2:173)

あなたがたに禁じられたものは、死肉、(流れる)血、豚肉、アッラー以外の名を唱え(殺され)たもの、絞め殺されたもの、打ち殺されたもの、墜死したもの、角で突き刺されたもの、(ただしこの種のものでも)あなたがたがそのとどめを刺したものは別である。また石壇に犠牲とされたもの、籤で分配されたものである。これらは忌まわしいものである
(5:3)

言ってやるがいい。「わたしに啓示されたものには,食べ度いのに食べることを禁じられたものはない。只死肉,流れ出る血,豚肉――それは不浄である――とアッラー以外の名が唱えられたものは除かれる。だが止むを得ず,また違犯の意思なく法を越えないものは,本当にあなたの主は,寛容にして慈悲深くあられる。」
(6:145)

豚肉以外にも禁止されていることがありますね。そしてやはり豚肉を食べてはいけない理由が不浄という理由だけで、どうして豚が不浄でなぜ食べてはいけないのかは詳しく書かれていません。

スーダン人になぜ豚を食べないか聞いてみた

豚を食べてはいけないことについてイスラム教徒のスーダン人に聞いてみました。

「え、クルアーンに書いてあるでしょ、だからだめなんだよ。他の理由??考えたことないよ。そもそも豚なんてみたことないし」

この言葉を聞いた時にカルチャーショックを受けました。日本人にとって豚は非常に身近な動物です。みたことがない人のほうが少ないでしょう。しかし、スーダンには豚が全くいません。身近に存在しないものを食べない理由なんて考えないのは当然ですよね。

角度を変えて私は質問しました。
「豚は不潔だから?病気になるから?だから禁止なんでしょ?」

これは他のサイトによく書かれていることです。これに対しては、

「そんなこと考えてどうなるの? 神が理由を知っていて、私たちはそれを守ればいいのよ。」

私は、妙に納得してしまいました。

まとめ

クルアーンの中で豚は不浄だとされていますが、どうしてそのような扱いになったのかは示されていません。なのでどんなにきれいな環境で育てた豚であっても不浄としかいいようがなく。
神様を信じるイスラーム教徒は、神様に従って豚肉を食べないのです。