【OとWO?】「お」と「を」の発音に違いはあるの?

日本語教育

日本語学習者からよく質問されるのが「お」と「を」の発音の違いです。
キーボード入力では、「お=O」で「を=WO」です。
このことから発音に違いがあると思ってしまうようです。

「お」と「を」の発音の違い

「お」と「を」の発音は両方ともまったく同じ「O」です。

×「を」を「WO」と発音するのは間違いです。

同じ音なのに2つ字がある理由

全く同じ発音をするのになぜ文字が二つあるかというと、昔は違う読み方をしていたからです。

  • 奈良時代
    「お=O」で「を=WO]と別の発音でした。
  • 鎌倉時代
    「お」も「を」も「WO」で統一されたようです。
  • 江戸中期
    「お」も「を」も「O」になる。
  • 昭和初期
    「を」をなくそうとする。混乱を避けるため助詞の「を」だけ残し現在に至る。

このような変遷をたどりました。

まとめ

  • 発音は両方とも「O」です。
  • 現在、「を」の使用は助詞だけ残っています。



Difference in pronunciation between “お” and “を”

The pronunciation of both “お” and “を” is exactly the same “O”.

× It is wrong to pronounce “を” as “WO”.

Why there are two letters for the same sound

The reason why there are two letters that have exactly the same pronunciation is because they used to read differently in the past.

  • Nara period”O = O” was pronounced differently from “wo = WO”.
  • Kamakura PeriodBoth “O” and “O” seem to be unified with “WO”.
  • Mid Edo periodBoth “O” and “O” become “O”.
  • Early Showa periodTry to eliminate “”. In order to avoid confusion, only the particle “” is left.Following such a transition.