【ナイル川の眺望】ハルツームから足を延ばしてジャバル・アウリアへ

スーダン観光

観光資源の少ないと言われるスーダンですが、観光資源はもちろんあります。スーダンには世界遺産が3つあります。
しかし、観光スポットへのアクセスが整備されておらず、英語もあまり通じないため難易度が高くなってしまいます。
旅行日程の決まっている旅行者にとってスーダンの観光はハードルが高いのが事実です。

そんな旅行者にオススメしたいの首都ハルツームからのプチ旅行です。
今回は、首都ハルツームからバスで90分ほどの場所にあるジャバル・アウリアをご紹介したいと思います。

ジャバル・アウリアダム

首都ハルツームの南方約40kmの白ナイル川にJebel Auliaダムは位置しています。
このダムは1937年にイギリスの会社によって建設され、スーダンでは2番目に古いダムとなっています。
水力発電所を併設しており、長きにわたってスーダンの電力を支えてきました。僅か6mの落差を利用して30.4MWの発電が行われているのは驚くべきことだそうです。
発電所は徒歩で行ける場所にありますが、写真は撮らない方が無難です。警察に身柄を拘束される恐れがありますので注意してください。

ジャバルはアラビア語で山という意味です。
ダムの間近に小高い丘があり、その山に登るとダムを一望できます。

山の反対からは町の景色が一望できます。
高い建物がないので地平線まで見渡すことができます。

ダムの通路で対岸まで渡ることができます。
この付近は魚がたくさんいるため釣りや投網漁をしているひとがたくさんいます。

投網漁はみているだけでも非常に楽しめます。

採れた魚はダムの目の前にある魚の市場に並びます。

観光客用のレストランもあるので、ナイル川の魚をリバーサイドで食べることができます。
また、BBQの道具をもっていけばBBQをすることもできます。
ナイル川の魚は臭みもなく美味しいですよ。特にナイルティラピアはおすすめです。

ジャバルアウリアへのアクセス

ジャクソンバスステーションからバス ジャバルアウリア行の終点で下車
アフリカ大学前からバス ジャバルアウリア行の終点で下車

どのバス停も始発です。終点で降りればよいので、行きも帰りもとてもアクセスがよいです。

バスは地図のこの辺りのスークに付くので、バス下車後にダムまでは20分くらい歩きます。暑いときはリキシャに乗ってください。