イギリス建築の美しさ、ハルツーム大学はスーダン観光の穴場!!

スーダン観光

スーダンの首都ハルツームの中心にあるハルツーム大学は1902年に創立されたスーダンで最も歴史のある大学です。
観光資源の少ないスーダンですが、イギリス統治時代の建物が綺麗に現存しています。
特にハルツーム大学の校舎は建築好きにも歴史好きにもおすすめです。

ハルツーム大学概要

ハルツーム大学の歴史

1902年にスーダンで戦死したゴードン将軍を偲び
Gordon Memorial college (ゴードン記念大学)が
イギリスによって設立されました。

植民地から独立した1956年に「ハルツーム大学」と改称されて現在に至ります。
日本でいうところの東大にあたり、スーダントップの名門校です。

学部と学生

学部は医学部・看護学部・工学部・法学・コンピューターサイエンス・農学・獣医学・教育・経済など豊富にそろっている総合大学です。

学生数は15000人を超えるマンモス校で、卒業生の多くが国内外で活躍しています。

建築様式が美しすぎる

ハルツーム大学の校舎は建設されてから100年を超えますが、イギリス植民地時代に作られた当時のまま残っています。
これまでに耐久性の問題から取り壊しの議論が何度も起こっていますが、学生らの文化保存への抗議行動によって毎回白紙に戻されています。
しかし、いつ取り壊しが決定するかわかりませんので、早めの来訪をおすすめします。



歴史あるレンガの建物が美しいですね。外部もさることながら校舎の内部も美しいですよ。

日本とのつながり

日本語が公開講座で学べる

大学内にある「アジア・アフリカ研究所」が日本語講座を開講し、一般に公開しています。スーダンで唯一日本語が学べる機関です。

講師はJICAの青年海外協力隊員が長年勤めています。
生徒たちは、多くの日本人との関りを求めています。多くの日本人が教室に遊びに来てくれるのを心待ちにしています。

NPOロシナンテスが建てた和室「無東西」

大学の構内にNPO法人ロシナンテスが日本とスーダンとの友好と親善のために作った和室「無東西」があります。
無東西という言葉は般若心経が由来となる。


迷故三界城
悟故十方空
本来無東西
何処有南北

日本読みにすると

迷うが故に三界は城 悟るが故に十方は空
本来東西無く 何処にか南北あらん

人間というものは、迷いという名の城に生きている。しかし、仏のこころで生きるようになれば、ほんとうの意味での「自由」というものが見えてくる。本来は「いま」そして「ここ」には、東も西もなく、南も北もない。果てしない自由が広がっているだけである。

この日本人からの贈り物を理解できる学生はどれくらいいるだろう。
しかし、ハルツーム大学に無東西がある意味は果てしなく大きい。

長渕ファン必見の書

「無東西」には長渕剛直筆の乾杯の歌詞が飾られています。
1文字1文字が力強くスーダンの地で光り輝いています。
長渕ファンの皆様に、ぜひ見ていただきたい書です。


観光地が少ないと言われるハルツームですが、もし興味がありましたらハルツーム大学を見学してみてはいかがでしょうか。